1. HOME
  2. 事業案内
  3. 病院向けソリューション
  4. 医療機器整備マネジメント

病院向けソリューション

病院向けソリューション

医療機器整備マネジメント

数百から数千点の多種多様な医療機器への対応

医療機器には、ハサミ、メスなどの鋼製小物から人工呼吸器、麻酔器などの中型機器、X線CTやMRIの大型診断機器、埋込タイプのペースメーカ、人工関節、そのほか人工透析装置、内視鏡など多種多様の製品があり、現在では、診察室、検査室から手術室、集中治療室などの多くの臨床現場で活用されています。また、医療機器の技術革新により、より患者に優しい低侵襲性が浸透するとともに建築設備、医療情報システム(ICT)との連動も急速に進んでいます。今後は、AIやIoT、ロボティクスの応用で医療機器間の連動も進み、スマート手術室や遠隔ICUなどの普及も期待され、医療機器の調達や保守管理にも高度なノウハウが求められます。

徹底した調査とコーディネーションが成功の元

医療機器の調達計画では、まず現有医療機器で移転できるものを調査し、新規に調達する医療機器を決定するところから始まります。病院の機能や規模に合った医療機器を適切に整備するためには、この段階で、病院内での医療機器選定・調達に関する意思決定ルートや予算枠について決定することが必要です。
設計が始まると、図面上への医療機器のレイアウト作成や必要設備の確認を設計事務所と協力して行います。各部門の担当者が設置後のイメージを理解できるようにプロット図や3Dによる設置イメージ、更にはVRを用いた完成イメージの共有などが今やトレンドです。
実際に機器を調達する際には、見積もり仕様の収集、複数の医療機器の性能・価格比較、電子カルテシステムや部門システムとの接続仕様の確認なども重要です。
開院前には、新規に調達した医療機器の搬入や現有医療機器の移転を行います。特に画像診断機器などの大型機器については、設計段階から慎重に搬入ルートを確認して事故が無いように搬入を計画することが重要です。またこの期間は、多くの納入関係者が出入りするため、納入関係者に対して搬入ルール、スケジュール、申請方法などの徹底したコーディネーションが成功のカギとなります。

費用対効果を考慮した計画的な医療機器の導入を保証します。

病院の建替や増改築は、経営者にとって大きな投資を伴います。医療機器は、建築や付帯設備に次ぐ大きな投資です。規模の大きい病院では、投資額は、数十億円となります。
医療機器は日進月歩で進歩するとともに多様化もしています。日々医療を担いながら検討や計画を立てていくことは良いことではなく、是非最新の事例や最新の市場動向に熟知したコンサルタントをご活用ください。

プロジェクト事例

JA秋田厚生連

~グループ病院一括での医療機器整備計画の立案と調達支援~

JA秋田厚生連は、県内8つの二次医療圏において9病院を管理運営しています。
9病院は、医療法に基づく公的医療機関の指定を受け、いずれも地域の基幹的な病院として、組合員や地域住民の医療ニーズに応え、安心・安全で質の高い医療提供体制の充実に努めています。
がん診療、産科・周産期医療、小児救急医療、災害医療などの幅広い医療機能の分野を担っているほか、救急医療やへき地医療などの不採算事業にも取り組んでおり、急性期から回復期まで切れ目のない医療を行っています。そのため、医療機器の調達や更新にかかる費用も嵩むことから、アイテックは、グループ一括での医療機器整備計画の立案と調達支援を提案しました。通常は、個々の病院で実施してきたものをグループのスケールメリットを活かして効率化を図ることができました。

キーサクセスポイント
◆医療機器のライフサイクル管理

医療機器の調達は、建物、付帯設備に次いで大きな投資です。
増改築の際は、限られた予算で最新の医療機器を導入するためには、現在保有している医療機器を新病院に移設できるかを判断して新規に導入する医療機器を調達することが重要です。

<アイテックの強み>

医療機器の要望確認調書の書式を統一してリスト化します。
このリストによって更新を控えている大型機器の状況を把握して投資の年毎のバラツキを抑え、平準化できるように管理します。廃棄についても運用手順を提案して、医療安全の向上と不要な費用を節減することができます。

◆医療機器と医療情報システム(ICT)

医療現場への医療情報システム(ICT)の導入が進み、2017年の厚生労働省の医療施設調査によると、400床以上の病院では85.4%が電子カルテシステムを導入しています。電子カルテにつながる部門システムは、最近ではほとんど医療機器にも連動しています。そのため、医療機器を調達する際は、医療情報システム(ICT)との接続について配慮が必要です。

<アイテックの強み>

アイテックは、病院と契約する際に総合的な視点で運営システム構築、医療情報システム(ICT)導入、医療機器調達、アウトソーシング企業の選定の業務を提供します。そのため、医療情報システム(ICT)ベンダと医療機器メーカーを総合的に調整して相互の機能区分や責任区分も調整することが可能です。

◆医療機器の有効活用

医療機器は多種多様で調達後の個別機器の保守管理は非常に重要でランニングコストも大きな課題です。病院の財産である医療機器を適切に管理していくことが求められます。

<アイテックの強み>

医療機器の中央管理システムを導入により、修理・故障情報、リコール情報などをリアルタイムで共有し、医療機器の有効活用することができます。医療機器に関する情報を集約化することで、調達コストや保守管理コストの更なる節減も可能となります。

お問い合わせ

お電話・FAXでのお問い合わせ

お電話:03-6810-7710
FAX:03-6810-7720

 

メールでのお問い合わせ

marketing@itec-ltd.co.jp

 

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ内容
お問い合わせの種類