アイテック株式会社は病院経営に関わる基本構想・基本計画・情報システム(電子カルテ)・経営改善・PFIなど全てを支援する医業経営コンサルティング企業です。

アイテック株式会社 HOME > ITEC病院運営研究会

 

ITEC病院運営研究会

 

「ITEC病院運営研究会」は、アイテック株式会社が主催する医業経営コンサルタント資格者の団体です。当研究会は、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会の継続研修受託団体に認定されています。

「ITEC病院運営研究会」には、現在、医療業界の第一線で活躍中の認定登録 医業経営コンサルタントの他、資格取得を目指す方々など約100名が入会されており、病院経営・運営に関して内外から求められるニーズに的確に対応できる医業経営コンサルタントのプロフェッショナルな集団を構成しています。

公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会が認定する資格取得の為に、又、プロの医業経営コンサルタントとしての資質涵養の為に、是非「ITEC病院運営研究会」にご入会下さい。

ITEC病院運営研究会 継続研修開催要項

1.方針
(公社)日本医業経営コンサルタント協会の継続研修受託団体として、「継続研修履修基準(継続研修カリキュラム)」に従い、当ITEC病院運営研究会の継続研修プログラムを立案、実行する

2.カリキュラム体系
「(社)日本医業経営コンサルタント 協会継続研修履修基準(継続研修カリキュラム)第2次改訂版」より

Ⅰ 医業経営総論
1. 医療・介護・福祉の概要と課題
2. 医療機関の経営特性
3. 医療・介護・福祉施設の計画ならびに建設
4. 医業会計・税務の基礎
Ⅱ 医業経営診断に関する知識
5. 医業経営診断入門
Ⅲ 医業経営戦略立案・実施に関する知識
6. 医業経営戦略論
Ⅳ 医業経営管理体制構築・実施に関する知識
7. 医業経営管理論(1)
8. 医業経営管理論(2)
9. 医業経営管理論(3)
10.医業経営管理論(4)
Ⅴ 介護サービス事業展開に関する知識
11.介護サービス事業運営論
Ⅵ 医療福祉施設研修(国内・国外)
12.医療福祉施設研修

平成29年度 継続研修

開催日程につきましては、決まり次第NEWS TOPICSにてご案内しておりますので、そちらをご確認ください。
お申込みの方は、事務局に申込書をご請求ください。

開催月 内容 講師担当
第1回 4月 「最近の電子カルテシステム導入支援業務からみえること(複数病院への電子カルテ導入支援の事例から)」 辻本健人
第2回 5月 「病院のブランディング戦略におけるレストランリニューアルのコンサルティング事例」 鈴木裕臣
竹平智哉
第3回 6月 「コンサルタントに役立つコーチングのスキル ~課題を見極め、解決の道筋をつける「傾聴力」「質問力」」 須田稔

平成28年度 継続研修

開催月 内容 講師担当
第1回 5月 「平成28年度診療報酬改定の重要項目」 西田秀子
第2回 6月 「病院機能分化と連携について」 高橋克己
第3回 7月 「地域包括ケアの実践」 梶原優
第4回 8月 「新病院開院支援業務について」 三好香菜子
第5回 9月 「病院機能基礎知識シリーズ⑥ 放射線画像診断部門」 島田哲
飛田孝志
第6回 10月 「小規模病院の将来構想策定のための分析・検討方法」 渡邊安希久
第7回 11月 「Healthcare Trends in the United States」 アンディ二宮
第8回 12月 「病院の食事の現状とトレンド及び将来の方向性について」 水谷栄志
今村正朗
第9回 2月① 「医療安全最新の話題」 相馬孝博
第10回 2月② 「職員アンケート分析に必要な統計分析手法について」 内田治
第11回 3月① 「共通の設計条件下での病室プロトタイプについて」 藤記真
第12回 3月② 「DPC・レセプトデータの分析事例」 高橋洋乙

平成27年度 継続研修

開催月 内容 講師担当
第1回 5月 「イラク国円借款病院整備プロジェクトの事例研究 ~医療の国際展開における諸課題の考察」 三田村清幸
石田賢司
戸川翔太郎
第2回 7月① 「少子高齢化時代の病院計画における医業経営コンサルタントの役割」 阿部京
第3回 7月② 「自治体病院の統合新病院整備における運営計画等策定の事例研究」 角永雄一
第4回 8月 「地域医療ビジョンと地域包括ケア」 岡本悦司
第5回 9月 「医療機器の認証制度:欧州市場へ医療機器を出荷するためには」 新海輝夫
第6回 10月 「医療政策の方向性を踏まえた戦略的病院経営」 井上貴裕
第7回 11月① 「地域包括ケアシステム構築の実際 ~制度の概要と計画策定のポイント~」 高橋孝治
第8回 11月② 「医療機関におけるアウトソーシングの導入」 着月善紀
第9回 12月 「医療を取り巻く環境の変化とコンサルティング事例紹介」 野村豪
第10回 1月 「病院情報システムの発注及び契約方法について」 古島洋平
第11回 2月① 「地方公営企業法施行令改正に伴う新地方公営企業会計基準の見直し」 関口恭三
第12回 2月② 「200床未満の公的病院の事業モデル事例等」 田家紀子
第13回 3月 「平成28年度診療報酬改定について」 西田秀子

平成26年度 継続研修

開催月 内容 講師担当
第1回 5月 「診療所・クリニックモールの開設について」 高橋克己
第2回 6月① 「診療報酬改定後の評価」 西田秀子
第3回 6月② 「医療安全部門運営計画を策定するための基礎知識 ~医療安全の仕組み及び事例紹介~」 張建定
第4回 7月 「MEセンター導入による病院側のメリット」 鈴木久之
谷口了
第5回 8月 「医療提供体制の再構築に向けた制度改正について」 辰川博子
第6回 9月 「最新事例による移転・開院準備支援業務の基本」 渡邊安希久
第7回 10月 「コンサルタントが知っておくべき手術室・ICUのマネージメントの実際」 萬知子
第8回 11月 「知っておきたいコンサルタントの医療施設知識」 小松正樹
第9回 12月 「パッケージ機能を活用した情報システム構築と運用 ~手術室における事例紹介~」 辻本健人
第10回 1月 「感染管理と中材」 柴田清
川口弘之
第11回 2月 「病院機能基礎知識⑤ 人工透析部門の集中制御システム」 中川宗太
島田哲
第12回 3月 「日本式医療システムの国際展開 ベトナム国チョーライ第二病院整備」 藤田大

平成25年度 継続研修開催実績

開催月 内容 講師担当
第1回 5月① 「トルコ共和国の保健医療状況と病院PPP事業参画に向けて」 宇野伸吾
安村侑希子
第2回 5月② 「サウジアラビア王国の保健医療状況と日本式救急医療システムの導入可能性」 高橋淳
高橋洋乙
第3回 7月 「保健医療セクターにおける日本のODA、円借款の仕組みについて」 関丈太郎
川崎宣輝
第4回 8月 「新病院の医療機器整備計画におけるコンサルタントの役割と必要な視点
~医療機器・什器備品のスムーズなインストレーションに向けた直近事例の紹介~」
中島正勝
第5回 9月 「医用画像システムの現状と今後の方向性」 大越厚
第6回 10月 「医療制度改革のゆくえ~急性期・亜急性期の行政情報から読みとく~」 北原一憲
第7回 11月 「病院BCP検討の注意点」 清水喜隆
八木秀幸
第8回 12月 「平成26年度診療報酬改定の予測―進むべき方向を見定める時期に―」 西田秀子
第9回 1月 「安全・安心のための医療施設設計」 中村巧
第10回 3月① 「海外の病院設計事例」 桑野隆司
第11回 3月② 「病院基本計画策定事例―急性期病院における基本計画策定について」 舘野光

平成24年度 継続研修開催実績

開催月 内容 講師担当
第1回 4月 「高効率な病院運営を実現するための施設・設備計画と維持管理の在り方
-医業経営コンサルタントの視点から-」
美濃又孝志
第2回 5月 「医業経営コンサルタントに必要な医療知識」 馬杉則彦
第3回 6月 「病院における物品管理・SPDの基礎知識」 石田信之
第4回 7月 「医業経営コンサルタントに絶対必要な病院機能基礎知識シリーズ①
重症病棟用医療機器のニーズ(入門編)」
島田哲
第5回 8月 「実践!経営戦略の立案と施設改築への展開」 北原一憲
第6回 10月 「検証!これからの大学病院の目指すべき姿 ~データ分析からみた大学病院の機能とトレンド~」 高野正二郎
第7回 11月① 「近年の病院の整備計画 ~都市型・地方型、統合型病院について~」 山口俊司
第8回 11月② 「海外新興国市場への医療インフラビジネスの展開 -病院整備を中心として-」 関丈太郎
川崎宣輝
第9回 12月 「病院BCPに貢献するエネルギーシステムについて」 清水猛
第10回 1月 「大地震に備えて~災害を想定し、対応策を考える~」 井出修
第11回 3月① 「新たな病院機能評価の概要」 鈴木裕臣
第12回 3月② 「国際的医療評価 JCI認証 ―全体像と病院機能評価との比較」 辰川博子

平成23年度 継続研修開催実績

開催月 内容 講師担当
第1回 6月 Ⅰ 医業経営総論
「社会保障制度と経済」
高橋克己
第2回 7月 Ⅳ-9-(2) 情報システム
(情報システム)
新里雅則
第3回 8月 Ⅳ-8-(1) 医療の質保障と安全管理
「病院整備に求められる基本計画及び運営計画に関するコンサルティング」
田家紀子
第4回 8月 Ⅰ-3-(2) 医療・介護・福祉施設の建設手順
(PFI)
古島洋平
第5回 9月 Ⅰ-4-(1) 医業会計の基礎知識
(企業会計の基礎知識)
渡辺 賢
第6回 10月 Ⅰ-2-(7) 第三者評価
(病院機能評価)
鈴木裕臣
第7回 11月 Ⅳ-8-(1) 医療の質保障と安全管理
(運営システム)
鈴木久之
第8回 12月 Ⅰ-2-(5)関連産業の概要
「臨床検査業務及び業界のトレンドとブランチ・ラボ運営のポイント」
関山勝好
第9回 1月 Ⅰ-2-(5)関連産業の概要
株式会社ビー・エム・エル 臨床検査センター見学
関山勝好
第10回 2月 Ⅰ-1-(6)診療報酬制度
「診療報酬の概要と24年度点数改正のポイント」
大野賢一
第11回 3月 Ⅳ-9-(2) 情報システム
「病院情報システム(電子カルテ)における患者情報一元化の課題」
成瀬公良

【参考】(公社)日本医業経営コンサルタント協会 認定登録に関する規程(一部)

● 登録更新事項
(1) 各登録期間に必要とされる継続研修の履修時間は次のとおりとする。
① 第1回目及び第2回目の登録期間(3年)、また第3回目の登録期間(4年)は100 時間。このうち本部及び支部主催の継続研修は30 時間以上。
② 第4回目の登録期間(4年)は80 時間。このうち本部及び支部主催の継続研修は24 時間以上。
③ 第5回目以降の登録期間(4年)は60 時間。このうち本部及び支部主催の継続研修は18 時間以上。
ただし、上記②と③が適用となるのは、平成24 年4月1日以降に認定登録 医業経営コンサルタントである者とする。
(2) 登録更新にあたり、規定調整後の履修時間を超えて履修した時間数は、繰越すことができる。ただし、その時間数は、更新後の初年度分にまとめて加算されるものとし、次のとおりとする。
① 必要履修時間数が100 時間の場合は、規程調整後100 時間を超えた時間数のうち、25 時間を限度。
② 必要履修時間数が80 時間の場合は、規定調整後80 時間を超えた時間数のうち、20 時間を限度。
③ 必要履修時間数が60 時間の場合は、規定調整後60 時間を超えた時間数のうち、15 時間を限度。

● 主な履修時間認定対象事項
(1) 協会認定の本部・支部・団体が主催する各継続研修の講師を務めたとき、その講義時間数×2を履修時間とする。
(2) 「認定登録に関する規程」に基づく、行政機関、医療関係団体等において、医業経営に関する専門技術的知識等にかかる内容の講演会等で講師を務めたとき、その講義時間数×2を履修時間と認定する。ただし、年間計12 時間を限度とする。(履修時間の申請として、講師要請書等の証明となる文書等を提出すること。)
(3) 機関誌JAHMCに投稿し、掲載されたものについては、1回につき5時間、年間計10 時間を限度とする。
(4) その他、「認定登録に関する規程」に基づく、行政機関、医療関係団体等の関係機関・団体が発行する機関誌への投稿が掲載(1回につき2時間)および書籍の執筆(1書籍につき3時間)については、それぞれ年間計12 時間を限度とする。この場合、医業経営に関する専門技術的知識等にかかるものであり、かつ肩書きに当協会の「認定登録 医業経営コンサルタント」であることが明示されていること。(履修時間の申請として、証明となる文書や掲載誌等を提出すること。)

研修種別 研修
主催/区分
必要履修時間数/規定調整
100 時間 80 時間 60 時間
A 通常研修【本部・支部】
研修合計受講時間
本部/支部 計30 時間以上 計24 時間以上 計18 時間以上
B 通常研修
【継続研修委託団体】
団体 調整なし
C 施設見学
(国内視察研修)
本部/支部
/団体
1 登録期間 上限20 時間
D ビデオ研修 本部/支部 年間 上限8 時間
E 海外研修 本部/支部
/団体
1 登録期間 上限20 時間
F 個人研修
(CD-ROM/動画配信)
本部 1 登録期間
上限50 時間
1 登録期間
上限40 時間
1 登録期間
上限30 時間
G 履修認定学会等 その他 1 登録期間 上限20 時間
H 外部団体等の講師 その他 年間 上限12 時間
I 機関誌JAHMC 投稿 その他 年間 上限10 時間
J 外部機関誌への投稿 その他 年間 上限12 時間
K 書籍の執筆 その他 年間 上限12 時間
L 本部委員会委員 その他 年間 1 委員会上限10 時間
2 委員会以上上限15 時間
M 前期履修時間数からの
繰越時間
その他 規定調整後の100 時間を超えた上限25 時間までを更新後初年度分に充当 規定調整後の80 時間を超えた上限20 時間までを更新後初年度分に充当 規定調整後の60 時間を超えた上限15時間までを更新後初年度分に充当

入会方法

ITEC病院運営研究会への入会資格には特別な制限はありません。当研究会の活動にご賛同頂ける方であれば、会長の承認によりどなたでも会員になることができます。

① 申込 : 入会申込書に必要事項をご記入の上、事務局宛FAXにてご提出下さい。
審査の上、諾否をご連絡いたします。入会承認の場合は追って入会金並びに初度年会費につきまして請求書を発行させていただきます。
② 入会金 : 10,000円/人 (退会時の返還はいたしません。)
③ 年会費 : 24,000円/人 (事業年度は4月1日~翌年3月31日です。半期毎の納付も可能です。)年会費の法人割引制度
同一法人から複数名の入会の場合には、以下のとおり年会費を割引いたします。

平成20年4月改定

 

入会申込書が必要な方は、事務局にお問い合わせください。

ITEC病院運営研究会 お問合せ・受講申込み

継続研修及びご入会のお申込み・お問い合わせは、下記にご連絡ください。

ITEC病院運営研究会 事務局 (担当;葛根)
TEL: 03-6860-5460   FAX:03-6860-7200
MAIL: kenkyukai@itec-ltd.co.jp
住所: 東京都中央区日本橋本町1丁目6番5号 アイテック株式会社内

 

 

ページトップへ戻る

 

 

  • アイテック株式会社
  • Tel:03-6860-7100(代表)
  • 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町一丁目6番5号