1. HOME
  2. 事業案内
  3. 病院向けソリューション
  4. 病院建替・新築

病院向けソリューション

病院向けソリューション

病院建替・新築

一番うれしい言葉

「アイテックがいなければ、この病院は開院できていなかったよ」
クライアントから寄せられて一番うれしい言葉です。

病院整備は多くの人が関わる一大プロジェクト

病院の経営者となる方々、その病院で働く方々にとって、病院整備は一生に一度あるかないかの大事業です。
多くの時間と莫大な費用がかかります。であればこそ、良い病院を建てたい。
ですが、良い病院とはどのような病院でしょうか。
患者さんにとっては、きれいで、機能的で、プロフェッショナルな医療従事者がいて、難しい病気や大けがにも対応してくれること。
一方、従業員から見ると、設備や医療機器がいつでも安定していて、安全で、効率的で、従業員にとっても快適な職場であること。
また、経営者から見ると、無駄がなく、リスク要因が限りなく抑えられていて、優秀な人材の採用や雇用につながること…。

病院を新たに計画するときには、様々な目線からあるべき姿を検討し、納得し、決定していくことが必要です。
また、病院を実際に建てるためには、設計会社や建築会社、医療機器メーカーなどを選定し、業務を発注し、業務品質を監理する必要があります。工事が始まった後も、部屋の使い勝手、医療機器、医療情報システム(ICT)、家具の配置など、様々な要素から調整が発生します。
更に、開院の前には、新しい病院でどのように患者さんを受入れ、スタッフが立ち回るのかなどを決めて、繰り返し練習をする必要があります。

病院整備のプロフェッショナルにお任せください。

病院を建てる一連のプロセスにおいて発生する調整事、管理業務、開院準備は膨大な作業になります。
私たちアイテックは、誰もが初めてとなる病院の建替・新築事業に際し、豊富な経験と知識から、「次に何をすべきか」、「なにを決める必要があるか」、「どう関係者の意見を取りまとめていくか」等々を、クライアントに寄り添い、一緒になって進めていくプロフェッショナルです。

医療のプロフェショナルである医療関係者が、医療行為に集中し、より良い医療を患者さんに届けられるようになるため、病院整備のプロフェッショナルである私たちにお任せください。

キーサクセスポイント
◆病院は30-40年使うもの。中長期的な計画策定が重要

一般的に、病院は30-40年継続して利用します。計画時においては、現在の病院を取り巻く環境や既存病院の課題等を明らかにし、その改善に取り組むだけでなく、医療ニーズの変化、技術の変化、社会の変化を見据え、10年後、20年後を見越した計画づくりが重要です。

<アイテックの強み>

日本中で年間数十件病院作りを支援。世界でも実績を有し、国内外のトレンドを周知しています。客観的なデータを用いた綿密な調査により、関係者がイメージしやすい病院像を描き出すことが可能です。

◆事業費は数十億円から100億円を超える事業も。予算の確保、費用対効果の検証、着実な予算執行管理は必須

病院は、1床当たり70-90平米程度の面積を有することが一般的です。大学病院のような高機能な病院では、建物の面積が数万平米となり、建設費だけで100億円も超えることも。事業にかかる予算はどのように確保するのか、現在の収益からどの程度の投資が可能なのか、など、常にお金を意識したプロジェクト推進が重要です。

<アイテックの強み>

多くの実績からの他事業の事業費等に関する情報を有しており、費用の適切性等を客観的に評価ができます。自治体病院、大学病院、民間病院等様々な経営主体の事業収支計画を支援したノウハウもあります。単なる予算計画でなく、経営改善コンサルティングも伴った実効性のある計画づくりを得意としています。

◆監督官庁、住民、設計会社、建設業者、医療機器メーカー、委託業者…。多様な関係者が次々に登場するのが病院整備事業。関係者間のタイムリーで適切な情報共有、相互連絡、調整・管理が必須

病院の整備には、多くの主体が参画します。適切なタイミングで必要十分な情報を提供することが必要で、これが欠けると現場でのトラブルにつながり、ひいては事業の遅れ、費用超過につながります。
誰がいつどこで何をするのか、病院整備を推進する準備室等では、このマネジメントがキーとなります。

<アイテックの強み>

アイテックはこれまで全国で何百という病院を整備してきており、病院整備に参加するありとあらゆる業種について、その特性や業界情報等を有しています。業者の選定や品質管理のための手続き支援も数多く行っており、どのタイミングでどのような情報を提供し、誰と誰を調整することで物事がスムーズに進められるか、といったノウハウを持っています。
監督官庁への報告、住民説明等のための準備室支援も得意としています。

お問い合わせ

お電話・FAXでのお問い合わせ

お電話:03-6810-7710
FAX:03-6810-7720

 

メールでのお問い合わせ

marketing@itec-ltd.co.jp

 

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ内容
お問い合わせの種類