アイテック株式会社は病院経営に関わる基本構想・基本計画・情報システム(電子カルテ)・経営改善・PFIなど全てを支援する医業経営コンサルティング企業です。

物品管理

1.業務概要

 最近は病院の物品管理業務を受託する企業が増えてきました。病院の経営という観点からみれば、民間ノウハウを導入することで過剰な人員を抱えることを避け、低コストでの物品管理業務の運用が可能になります。しかし、病院側の期待する効果が得られず、さまざまな弊害や摩擦を生み出しているケースも散見されます。
 当社はこれまでに蓄積したノウハウから、自前の管理、業務委託を問わず、物品管理の適正化による材料費削減を支援します。スムーズで経済的な運用ができるように実際の日常業務の流れを反映させた提案を行います。


 
 
2.業務内容と業務の流れ

実態調査

物品管理方法を聞き取り調査で確認し、棚卸により在庫量・滅菌切れ・デッドストック・回転率等を他医療機関と比較しながら評価します。
また、各種の物品(薬品、診療材料、滅菌物、食事、廃棄物、カルテ、伝票等)の搬送動線を確認します。

基本運用計画

定数管理の対象部署の関連備品、収納スペース等の妥当性を検討し、管理区分(業務分担)と物品管理の業務内容等を定めます。
また、建築平面計画や各種の物品の搬送動線を立案します。

SPDの運用体制

近年では、SPDの主目的がコスト管理とマネジメント管理へシフトしてきています。当社はSPD部門の運営構築(管理改善)のみならず、院内における材料費の改善(総額・単価)の改善、PDCAサイクル管理などマネジメントの改善支援を一貫して提供致します。
業務委託する場合、病院職員と受託者の業務範囲を明確にした「委託仕様書」「見積要綱」を作成します。また、対象事業者の評価の支援を行います。
なお、購買先に対して当社が直接に価格交渉を支援することも可能です。

運営マニュアル

院内にできる物品管理部門の導入をスムーズに行い、業務の定着化・標準化を図るために、購買管理、在庫管理、搬送管理等の業務手順・方法を規定したマニュアルを作成します。

物品基本データの作成

中央倉庫在庫品目の設定、部署別定数品目・数量の設定の基礎データとなる物品基本情報を作成します。このデータは電算システムのマスタ等に利用します。


 
 

関連調査項目

経営改善 増収・支出抑制を図るため、診療科単位、中央診療部門単位で改善策を提案します。詳しくは 経営改善をご覧下さい
運営システム 運営手順や運営体制を見直して、患者サービス向上と業務効率化のために「人」(患者・職員)、「物」(検体・薬品・カルテ等)、「情報」(オーダ・指示系統)の流れを最適化します。詳しくは 運営システム をご覧下さい
業務委託 委託内容を精査し、委託範囲の拡大等の包括化や長期化等の仕組みづくりから、委託に期待する効果・水準を確保できるように仕様書作成、業者選定の支援から職員との業務連携をスムーズにする効率的な運営方法まで対応します。詳しくは 業務委託 をご覧下さい
情報システム コストパフォーマンスを最大化するための情報システム仕様を決定するとともに、システム導入により運営システムを再構築します。
詳しくは 情報システム をご覧下さい
3.関連実績

物品管理の実績はこちらをご覧下さい

  • アイテック株式会社
  • Tel:03-6860-7100(代表)
  • 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町一丁目6番5号