アイテック株式会社は病院経営に関わる基本構想・基本計画・情報システム(電子カルテ)・経営改善・PFIなど全てを支援する医業経営コンサルティング企業です。

病院機能評価

1.調査概要

 単に病院機能評価を取得し、認証マークを掲げることを目的とするのではなく、 受審を通じて職員の意識が活性化され、結果として院内のルール・規程や患者サービス、医療提供における意識が統一されて効率的な質の高い病院運営が実現されること(=経営体質の変革)が機能評価受審の目的と考えます。

 <期待される具体的効果>
・職員の自覚と意欲の一層の向上が図られるとともに、経営の効率化が推進される。
・院内のルール・規程がマニュアル化され、業務の標準化、品質の確保が図られる。
・病院が自らの位置づけを客観的に把握でき、改善すべき目標もより具体的・現実的なものになる。

2.受審準備における弊社支援内容

自己評価票チェックへのサポート

自己評価チェックの判断に対する支援を行ないます。各領域項目ごとに作成文書、改善済み事項、未解決課題を明確にし、課題に対する対応策を提示します。各評価項目で求められる文書・記録等の項目を提示します。

文書・記録作成支援

新たに整備が必要な文書(手順・基準等)の作成に対する支援を行います。他施設での取り組み事例の提示や文書を作成するために必要な運用ルールの検討の際に的確な助言を行ないます。

書面審査調査票の作成支援

未作成文書等の整備後、自己評価調査票の作成を支援します。この時点で大半をクリアできるよう、改善が必要な事項は徹底的に支援いたします。病院機能現況調査票(施設調査票・部門別調査票・診療機能調査票・経営調査票)のたたき台作成や作成担当者への支援を行ないます。

訪問調査受審前チェック、模擬受審への支援

訪問調査に際し、模範解答の作成を支援します。特に留意すべき事項については、傾向と対策を作成します。合同面接の開催等模擬受審の実施を行い、受審に備えて万全な体制づくりを支援します。受審に際し、最終課題が残っている場合は、徹底的に改善支援いたします。

詳細調査項目

基礎調査 病院全体・診療科の経営課題、運営課題等の分析、ならびに医療圏の患者動向等のマーケット分析を行います。詳しくは 基礎調査(経営診断) をご覧下さい
経営戦略・中期計画 介護系事業展開、M&A等の経営戦略策定ならびに中期計画策定等をサポートします。詳しくは 経営戦略・中期計画 をご覧下さい/td>
経営改善 増収・支出抑制を図るため、診療科単位、中央診療部門単位で改善策を提案します。詳しくは 経営改善 をご覧下さい
運営システム 運営手順や運営体制を見直して、患者サービス向上と業務効率化のために「人」(患者・職員)、「物」(検体・薬品・カルテ等)、「情報」(オーダ・指示系統)の流れを最適化します。詳しくは 運営システム をご覧下さい
組織・人事制度 横断的管理組織、個人目標達成を支える人事考課と給与制度等、組織活性化を目的とした制度設計をサポートします。詳しくは 組織・人事制度 をご覧下さい
情報システム コストパフォーマンスを最大化するための情報システム仕様を決定するとともに、システム導入により運営システムを再構築します。詳しくは 情報システム をご覧下さい
3.モデルケース

病院の概要・課題

 N大学病院は、2007年に病院機能評価初受審でバージョン5を受審しました。800床規模の大病院のため、全職員で取り組む病院機能評価受審プロジェクトを効率的に進捗させるためのマネジメントや病院機能評価で問われている各種基準・手順等の書類や運用ルールを読み解き、整備していくためのノウハウが不足しているため、外部専門コンサルタントの支援が必要でした。

コンサルティング概要

 機能評価受審準備の工程管理、自己評価チェックによる課題抽出と各種書類の整備や運用ルールの検討・策定などソフト面の支援を行うとともに、当社担当者がサーベイヤー役となって院内各部署をラウンドし、感染性廃棄物の処理環境などハード面の支援を行いました。

改善効果

 病院機能評価の初受審にも関わらず、留保事項はゼロ(一発合格)かつ高評価(75点以上)での認定となりました。病院機能評価の受審準備過程において、医師と看護師、医師とコメディカルなど職種間の話し合いの機会や検討の機会を得たことにより、院内の職員コミュニケーションが円滑になったこと、各種基準・手順の整備により運用ルールが明確になったことなど、「病院の質」の向上につながり、経営収支も黒字化を達成しております。


4.関連実績

 
  • アイテック株式会社
  • Tel:03-6860-7100(代表)
  • 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町一丁目6番5号