アイテック株式会社は病院経営に関わる基本構想・基本計画・情報システム(電子カルテ)・経営改善・PFIなど全てを支援する医業経営コンサルティング企業です。

情報システム

1.業務概要

 情報システムの構築はソフトウェアという目に見えないものを用いるため、「このソフトで何を成そう」という検討より、「このソフトをどのように導入しよう」という検討に重点がおかれ、結果として「期待する効果が得られなかった」ということが起こります。

 このような手段の目的化による失敗を避け、情報システムの構築を成功させるために、まず、プロジェクトの目的や目標、予算、スケジュール等を基本計画としてまとめ、それを基に、詳細仕様策定、調達、導入、評価等のコンサルティングを進めます。


 
 
2.業務内容と業務の流れ

現状調査

・情報システムの上位に位置する病院の経営理念、経営計画の確認を行います。
・現状の導入システム、運用状況、付帯設備環境の調査を行います。
・行政動向、周辺環境、情報システム動向、ベンダー動向等の調査を行います。

基本計画策定

・現状調査の結果より現状課題の解決方法を考察し、経営理念や経営計画に対し情報システムによる貢献策を具体化します。こうした内容を情報システムの導入目的や達成目標として設定します。
・情報システムへの投資費用、構築期限、要員体制等、情報システムの導入条件を整理し、達成目的や目標とすりあわせを行い、システム導入範囲、予算、期間、体制等を基本計画としてまとめます。

要求仕様策定

・情報システムは、運用とシステムが両輪となって稼働するため、基本運用を、人、モノ、情報の流れとして整理します。整理の視点は、目標を達成するために必要となる運用であり、現状運用の留保ではありません。
・基本計画で定めた目的や目標を達成するために必要な情報システムの諸要件を策定します。基本(全般)、ハード、ソフト、ネットワーク、データ、移行、教育、サポート、保守等の詳細要件を策定します。
・策定した要件を、意見招請等により市場の製品やサービスと整合し、内容を調整します。

調達支援

・適切かつ公平な競争を促し実施するため、公募資料、採点基準、審査方法他、調達に必要な支援を行います。

システム導入支援

・決定したシステムを円滑に導入するため、システム構築支援、マスタ作成管理支援、運用シミュレーション、リハーサル支援、稼働支援を行います。
・情報システム導入による新たな運用に関し、業務内容、業務フロー等を運用マニュアルとして作成し、運用の効率化を図り、情報システム導入の効果を高めます。

システム導入評価

・稼働したシステムについて、設定した目標に対する評価を行います。
・目標を達成した場合は、達成の要素をノウハウとして院内に展開し、達成できなかった場合は、改善方法を検討し提案します。


 
 

地域連携

医療機関完結から、地域完結という医療供給の動向に対し、病院の機能は、急性期医療、回復期医療、リハビリ等に分化し、病院間連携、病院と診療所の連携、専門医のいる病院(大学病院等)との連携が必要となっています。
また、垂直連携だけではなく、循環型の連携等、様々な連携方法に応えられる情報システムが必要とされています。
情報システムだけではなく、人的ネットワークや、情報ネットワーク構築の支援を行います。


 
 

関連調査項目

運営システム 運営手順や運営体制を見直して、患者サービス向上と業務効率化のために「人」(患者・職員)、「物」(検体・薬品・カルテ等)、「情報」(オーダ・指示系統)の流れを最適化します。詳しくは 運営効率化(運営システム)をご覧下さい
物品管理 管理体制や運営方法を見直し、低コストで効率的な物品管理、院内物流体制を構築します。詳しくは 物品管理 をご覧下さい
コスト削減 運営システムに基づいた効率的な設計方針を反映し、さらに設計仕様や発注方式の見直し、コスト管理等により投資額の削減が可能です。医薬品や診療材料についてはベンチマーク分析等により目標を立てコスト削減を行います。 詳しくは コスト削減 をご覧下さい
経営戦略・中期計画 介護系事業展開、M&A等の経営戦略策定ならびに中期計画策定等をサポートします。詳しくは 経営戦略・中期計画 をご覧下さい
経営改善 増収・支出抑制を図るため、診療科単位、中央診療部門単位で改善策を提案します。詳しくは 経営改善 をご覧下さい
3.モデルケース

自治体病院オーダリングシステム

病院の概要

B病院は、西日本にある800床の自治体病院です。 情報システムは医事システムのほか、各種の部門システムが個々に導入されていますが、オーダリングシステムは未導入です。 次期システムでは、オーダリングシステムを含め、一気に電子カルテシステムを導入することを計画していました。

コンサルティングの概要

コンサルティングは、(1)現状調査、(2)情報システム導入方針策定と方針具体化の方策の検討、(3)情報システム仕様書作成、のステップで行いました。
(1)現状調査では、部門毎の現場立ち入り調査とヒアリングに基づく運用の調査のほか、既に導入されている各々のシステムの概要や使用状況、電子カルテシステムとの接続の可否と条件等について、調査を行いました。
(2)情報システム導入方針策定と方針具体化の方策の検討では、現状調査に基づき、病院としての情報システム導入の基本方針を策定し、さらに具体的に業務の現場で基本方針をどのように具現化していくかを検討し、新たな情報システム導入によって『目指すべき病院像』を共有化しました。 B病院は経営的に厳しい状況に置かれており、また初めての電子カルテシステム導入ということもあり、導入コストを重視した計画内容としました。 同時に、病院内の電子カルテシステム導入後の新たな運用とそのポイントを端末配置計画と併せてフローチャートで示し、運用変更に伴って必要な組織体制の見直しを提案しました。
(3)情報システム仕様書作成では、新たな運用を実現するために必要な要求機能をとりまとめた。併せて、ベンダを選定する際のポイントについても提案しました。

改善効果

その後、ベンダ選定、システム開発と進み、電子カルテシステムの稼動に至っています。


4.関連実績

情報システムの実績はこちらをご覧下さい

  • アイテック株式会社
  • Tel:03-6860-7100(代表)
  • 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町一丁目6番5号